猫とワタシ

ひなたぼっこ

ソーイングネタを中心に、こどもたちの成長も一緒につづっていきたいです。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する情熱大陸

未分類

今、情熱大陸でプリプリの復活ライブ当日とそれに向けての

ドキュメントがあってました。



再結成のきっかけは東北大震災だそうですが

それまでホントに普通の、主婦だったり会社員として

過ごしていた。音楽からは遠く離れて。



そんな、普通の、私たちと変わらないお母さんが

最後、2万人の観客の前に立って

かつてのオーラを発した瞬間は、

なんだかゾクっとして、涙が出たというか

「頑張らなくちゃ!!」と思いました。



ドラムの富田京子さんは

生きてるって感じがします、気持ちいいですって

言ってました。



私も規模は全く違うけど、ピアノの発表会に出る時

その心地よさを感じます。

練習の時には、音と一緒に自分を、自分の気持ちを解放することに

力を注ぎます。上手に弾こうという気持ちが、ない事はないけれど、

う~ん・・・なんて言うんだろうなぁ、表しにくいです。



でも、シーンとしたホールで、私の出番の時だけは

私の音にみんなが注目している。

そんな緊張感の中で、自分を解放するというのは

日常にはないくらいの緊張感だけど

それがやっぱり心地いい。。。

そう思えるのは、自分が音楽が好きで楽しめてるからなのかなぁ。



よく分からない独り言のようになってしまったけど

情熱大陸見て、なんだか熱いものを感じたので

ついつい書いてしまいました。



ちなみに「M」を歌う時に、

下に作詞 富田京子って出てるの見て、

あ~、そういえば、このドラムの人が

ジュンスカのMさんと別れて作った詩だって言われてたなぁって

そんなこと、思い出しながら聞いてました。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。